美しさをゲット!美しいまま歳を重ねる基礎知識!

全身潤いテクニック

ずぼらなあなたに試して欲しい、全身潤いテクニック

 

全身潤いテクニック

 

毎年、冬になると女性を悩ませるのが乾燥です。
私は元々乾燥肌で、酷い時は皮膚科にかかる事もありました。
お医者さんに「保湿してれば大丈夫」と言われますが、何よりもその保湿が面倒。
お風呂上りに素っ裸でクリームを塗りたくる。
旦那にそんな姿見せたくないですし、なによりその間が寒い。
早く服を着たい!と思っているとついつい保湿をさぼってしまいます。

 

そんな「面倒」「寒い」「続かない」方に是非試して頂きたい方法です。

 

方法は1つだけです。
それもとても簡単。

 

お風呂から上がる前にボディオイルを身体に塗るだけです。

 

お風呂の中でマッサージをする方はよくボディオイルを使われるかもしれません。
ただその後は身体を洗ってオイルを流してしまいますよね。
この保湿方法はオイルをボディソープで洗いません。
そのままお風呂から上がります。
まず通常通りお風呂に入ります。
最後浴室を出る前に、オイルを全身に擦り込みます。
念入りでなくて大丈夫、ただ塗るだけで大丈夫です。
ちょっとマッサージをしてみても良いと思います。

 

 

血行がさらに良くなり美容効果が高くなります。
全身塗り終わったら、シャワーを浴びながら手で全身の肌を軽く撫でます。
これで余分なオイルを落とします。
そのままお湯を止め、体を拭いて終わりです。
ちょっとぬるぬるするかもしれません。
ですが不思議、乾燥の季節の冬にこの方法を試して頂くと分かるのですが、髪の毛を乾かしている間に程よい肌触りになります。
浴室の中で塗るので寒くありませんし、何よりクリームを塗るより滑りがいいので塗りやすい。
塗り残しも少ないので全身保湿が可能です。
クリームを塗った後のべたべた感が嫌いという人は多いと思います。
オイルは少し時間がたつとサラッとしますので、クリームよりも使用感が気持ちいいです。
使うオイルは何でも大丈夫です。
私はドラッグストアで購入したお徳用パックを使っています。
肌が敏感な方はベビーオイルや、香料などが入っていない無添加の物をオススメします。
ジャバジャバ使うのでそんなに高級なものを使わなくていいと思います。
金額を気にして使う量を少なくするよりは、お手頃価格の物をたくさん使って欲しいです。
この方法は質より量が大切です。

 

 


メリットは何よりも保湿力が高いことです。
クリームと変わらないくらい潤います。
手で思いっきり塗って下さい。
デメリットは浴室の床がちょっと滑りやすくなることです。
転倒には十分ご注意下さい。
私はそのあたりもずぼらな為、最後ボディーソープを床に垂らして足で床を撫でて流してます。

トップへ戻る