美しさをゲット!美しいまま歳を重ねる基礎知識!

ヒアルロン酸とコラーゲン

ヒアルロン酸とコラーゲン

ヒアルロン酸とコラーゲン

 

年齢肌を感じる乾燥肌はどうケアしていくか

 

年齢肌のサインは、個人差もありますが30代後半ころからどんどん出てくるという傾向があります。これはお肌の保湿力が低下していることも関係していますが、そこにはコラーゲンの生成が減少していることが原意nとしてあげられます。

 

 

とにかく保湿できる成分の入った化粧品を選ぼう

 

年齢肌のサインであげられるのは、シワやシミやたるみ、毛穴の開きなどですが、これらの大きな原因となっているのは乾燥です。

 

お肌が乾燥していることで、キメも整わず保湿力が低下していればさらに化粧水の浸透も悪くなり、シワができやすくたるんだりバリア機能の低下で紫外線の影響を受けてシミもできやすい状態になるのです。

 

そこで普段使うスキンケアアイテムに保湿効果のある有効成分の入ったものを取り入れて行くことをお勧めします。代表的な成分はコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどです。保湿系のケアができるとうたわれているようなアイテムにはこれらの成分が配合されていることが多いので普段のスキンケアで取り入れていきましょう。

 

 

マッサージで血行を良好にすること

 

お肌の状態を良好にするためには、血流が良い状態を作ってあげることも重要なポイントです。年齢を重ねる事でどんどんデトックス機能も衰えてきますので、老廃物もたまりやすく、新陳代謝もしづらい状態になります。そこでマッサージを行うことが大事です・

 

マッサージをするときには、マッサージクリームやジェルを使ったり、クレンジングの時にクリームやジェル状になっているものであればマッサージをしつつクレンジングもすることができますのでお勧めです。

 

保湿効果の成分が入っているマッサージクリームや、パックをしながら保湿ができるアイテムを使って行くというのもおすすめです。マッサージを行うときにはリンパのながれを意識して、上へ上へとあげていき、リフトアップする感覚で行なっていきます。鎖骨の方に流れるようにすると良いでしょうこめかみのあたりは血流がよくなりますのでクルクルと回します。

 

 

スキンケアの時にはコットンを使用する方がよいのか?

 

手でつけてしまいますと化粧水が手にも浸透するため、え肌につけられる量が減ってしまうこともありますし、つけむらが出てしまうので、できればコットン2枚使いで最後に2つに分けて目元に貼るのも良いです。

トップへ戻る