美しさをゲット!美しいまま歳を重ねる基礎知識!

顔の毛穴と肌艶、美白

顔の毛穴と肌艶、美白

顔の毛穴と肌艶、美白

 

お風呂上がりは保冷剤で毛穴を引き締める

 

顔の毛穴が開いて困っている人、しみ、シワが多くて悩んでいる人、顔の潤いが無くてくすんでいる人、アンチエイジングの方法がわからない人、夏の暑さで顔のほてりを沈めたい人

 

 

毛穴引き締め、お肌のうるおい、アンチエイジング対策

 

1,シャワーだけでなく湯船につかって体をよく温めて蒸気で毛穴を開かせる。

 

2,肌を良く温めてから、クレンジング剤と泡立てネットで良く泡立てた洗顔料を使って顔のメイクと皮脂汚れを洗い流す。

 

3,手でごしごしと洗うのではなく、泡を滑らせるように柔らかく洗うことがコツです。
実は意外にもこれだけで、毛穴がキュッと縮んでいたりします。

 

4,良く洗い流しますが、この時には身体にかけても良いくらいの温度だと顔には熱すぎます。
少しぬるい位、人肌くらいがちょうど良いです。

 

5,和漢エキスなどの美白成分と、肌へ潤いを与えるアミノ酸やセラミドなどが入っていて、自分の「肌に合う」化粧水を用意して、少量の水をコットンに含ませ化粧水を含ませます。

 

(いくら値段の高い化粧品でも、それをつけると荒れてしまうものなどは使用を中止すること。意外にもこれを別っていない人は多いです。)

 

6,凍らせた保冷剤に化粧水と水を含ませたコットンを包み込み、顔の毛穴の気になるところを冷やしていきます。

 

7,保冷剤が溶けてきて、顔全体が化粧水を含んで潤ってきたら終了です。

 

8,仕上げに美容液と乳液や寝る前ならナイトクリームを塗ると、翌朝さらに肌がモチモチになり、楽しみになりますよ。

 

こうすることによって、お風呂でふやけた毛穴がキュッと引き締まりうるうる肌になります。
保冷剤はケーキやアイスクリームなどでもらったもので大丈夫。
もともと食品を冷やしていたものなので、気にならないと思います。

 

ちなみに、私は美白メインで化粧水を選んでいるので、毎日これを続けていたら肌がワントーン明るくなりました。
忘れちゃいけないのは首です。
顔と差が出ちゃう!
首もあわててやりはじめました。

 

 

コットンは使用した方が良いです。

肌への浸透率が断然違います。
「良く温めてから冷やす」というのが良いみたい。
でも、顔には熱いお湯をかけるのではなくて、身体全体を温めるのがオススメ!
デメリットは、ちょっと手間かな?
冷やしてる間は他のことが出来ないので、テレビを見ながらが良いみたい!

トップへ戻る